5ch、おーぷん2chのまとめです。 VIPとなんJがメインです。 暇つぶしに読んでってね!

    2019年05月

    1: 風吹けば名無し 2019/05/30(木) 12:20:38.66 ID:b6xgTc180
    no title

    【【悲報】文部科学省「不登校のうちイジメが原因なのはわずか0.4%です」 NHK「ほんまか?調べるわ」 】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 19/05/30(木)17:11:37 ID:xb2
    no title

    no title


    岩隈の息子は無抵抗で殴られ続けた(周りの同級生たち談)模様

    【【悲報】岩隈の息子、学校でイジメを止めて身代わりに殴られまくる】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/30(木) 12:33:10.93 ID:rHHYXyPCM
    相武紗季「相武紗季」
    no title

    【ワイ「い、挿入れるよ…」相武紗季「ちょっと待って」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/30(木) 17:55:31.77 ID:S1VuuAm40
    「病気ではない」という診断にガッカリする、自称・発達障害者の心理 過剰な自己責任論の末に…

    なぜ「発達障害」がブームに?

    まず、香山氏は、臨床経験から発達障害が一種のブームになりつつある状況について説明する。

    〈ここ7、8年ほど、診察室に時折こう訴える人たちがやって来るようになった。多くは女性だ。

    「私、発達障害なんじゃないでしょうか。たぶん注意欠陥障害(ADD)か注意欠如・多動性障害(ADHD)だと思います。
    あ、コミュニケーションも苦手だから、アスペルガー症候群の可能性もあるかもしれません」

    最初の頃は私も、「子どものうちには見逃され、おとなになってからはっきりする発達障害も多いらしい。
    この人もその可能性が高いのではないか」と考えて、問診を進めていた〉

    【医者「発達障害?いや何ともないですよ」 彡(:)(:)「そんなぁ…」 ←こういうクズが増えてるらしい 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/30(木) 07:16:20.36 ID:lSPBH3mxr
    踏切で自殺しようとした少女救出 電車通過直前、高校生「とっさに体動いた」


    殺を図ろうとした少女を踏切内から助け出したとして、兵庫県警明石署は県の善行表彰「のじぎく賞」を明石商業高校3年の小池太陽さん(17)に贈った。
    「とっさに体が動いた。当たり前のことをしただけ」と小池さんは話した。

    小池さんは今月11日午後10時半ごろ、友人と食事をした帰りにJR大久保駅(明石市大久保町)東側の踏切を自転車で通りかかった。
    そこですれ違った少女(16)が、踏切内で立ち止まった。一度は通り過ぎたが、踏切の外側にかばんが置いてあるのに気付き、嫌な予感がした。

    「ずっと無表情で、とにかく様子が変だった」と小池さんは振り返る。

    警報音が鳴り出し、遮断機が下りた後も少女は動かなかった。踏切の幅は約15メートル。小池さんは慌てて中に入り、少女の手を引っ張った。
    大久保駅に近づいてくる電車のライトが東の方に小さく見えたが、恐怖心はなかったという。

    「人通りが少ない場所だったし、自分が助けるしかないと思い、とっさに体が動いた」と話す。

    少女は抵抗し、踏切に戻ろうとした。小池さんは体を押さえ「そんなことしたらあかんやろ」と制止した。電車が通過し、少女は一命を取り留めた。

    「なんでこんなことしたん?」。尋ねると、少女は家族とトラブルになり、自殺を考えたことを打ち明けた。
    一部始終を遠くから見ていた人が「カップルのけんか」と勘違いし、110番通報していた。

    近くの交番に連れて行こうとしたとき、偶然パトカーが通りかかり、少女を引き渡した。たまたま踏切を通ってから約15分。少女は少し落ち着いた様子だったという。
    帰宅後、明石署からお礼と事後報告の電話を受けた。「女の子が死ななくてよかった」。改めて安どした。
    平本和久明石署長から表彰状を受け取った小池さんは、「人助けをしたというより、当たり前のことをした感覚。

    命を救えて本当にうれしい」とはにかんだ。(勝浦美香)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00000000-kobenext-l28.view-000

    【【悲報】自殺しようとしたJKを高校生が止めて表彰 死のうと決意した奴助けてもまた死ぬだけだろ 】の続きを読む

    このページのトップヘ